発達障害ならではの生きづらさをエンジニアと当事者が一緒になって考え、プロダクト(Webサービス、アプリケーション等)を開発するハッカソン「ハッタツソン2019」を開催します!

ハッタツソンで目指すのは”障害”という理由だけで社会から自分を遠ざけてしまう人を減らすこと。今の時代において、発達障害を持っていることも、足が速いことも、記憶力がいいことも、腕がないことも、本質的に変わらないと考えています。全ての違いを等しく特性として捉え、何か足りないものがあれば補完・拡張し、あらゆる特性を持った人が活躍できる社会。テクノロジーが発展してきたからこそ実現できる社会。一緒に考えていきませんか?

イベント概要

開催日:2019年4月6日〜7日
参加費:無料
会 場:billage OSAKA(大阪市中央区本町4丁目2番12号 東芝大阪ビル8F)
主 催:Ledesone(レデソン)
協 賛:billage OSAKA(会場提供)、株式会社COLEYO(審査員)
協 力:京橋URA、社会福祉法人 正真会(就労移行支援従業所”きょうばし”カフェ まほろば)、株式会社みのりの森(発達障害専門誌”きらり”)、NPO法人Deep People、趣味TECH祭(旧裏メイカー祭(京都))、京都学生起業部、fabcross

タイムスケジュール

1日目(4月6日)

10:00〜:開場・受付開始
10:30〜:趣旨説明・スポンサー挨拶
11:00〜:インプットトーク (講師:サンフェイスグループ代表  久田亮平 氏)
11:50〜:チームビルディング・アイスブレイク(チームメンバーで自己紹介)

※チーム編成は事前アンケート情報を元に運営サイドで決めさせいただきます

12:00〜:昼食
12:45〜:テーマ・アイディアに関する紹介
13:00〜:アイディアソンスタート
14:30〜:途中発表(チーム毎に5分間)
15:00〜:開発スタート
18:00〜:自由解散

※21:30まで会場にて作業可能です。

2日目(4月7日)

10:00〜:開場
11:30〜:各チーム進捗状況発表(5分間)
12:00〜:昼食
17:00〜:各チーム進捗状況発表(5分間)

※21:30まで会場にて作業可能です。

3日目(4月8日)

18:30〜:開場・受付開始
19:00〜:審査員紹介
19:15〜:デモプレゼン
20:00〜:審査発表・表彰
20:30〜:交流会
21:00〜:閉会

ゲスト審査員(敬称略・順不同)

久田 亮平(サンフェイスグループ代表)
NPOと株式2つの法人枠で発達障害の子どもを中心に家族支援やドラム教室、たこ焼き屋の運営など様々な活動を行なう。発達障害に関する講演(4/6)と審査員(4/8)として来ていただけます!

川村 哲也(株式会社COLEYO代表取締役社長)
10歳からの社会人教育「studioあお」、寺社仏閣でのテクノロジー教育「寺子屋LABO」などの教室経営、そのほか企業とのコラボ案件など幅広く手掛ける。教育×企画のスタートアップ、COLEYO Inc.代表。

進行・技術メンター

大川 弘晃(フリーランスエンジニア)
システムエンジニア・ITコンサルタント・研究開発等のシステム開発業務に携わって17年。4年前に妻が難病を患い、死の淵をさまよって、当たり前の幸せはないことを痛感。妻が障害者になり、それがきっかけで「今後は障害者支援などの社会貢献に関わりたい」と思うようになり、いろいろ動いている中で、Twitterを通じて、代表のTenと知り合い活動に協力する。現在はフリーランスとしてシステム開発と社会貢献(障害者支援、不登校学生支援、教育、医療)の2つの軸で活動中。又、最近では、学生版みんなの夢AWARDの審査員も務める。

こちらの記事「僕がハッタツソン2019に関わる理由」もチェック!